Blog (日本語)

熊野でのミラクル!

神戸ミラクルが終わり、流れに任せて、1 1月1 1日、ミラクルにも熊野を訪れることになりました。京都から東京の山に戻るより、もっと時間のかかる熊野。陸の孤島と言われるだけあります。那智勝浦の弁天島。

オランダ人の親子と出会いました。久しぶりに(といっても先月始めまでオランダにいましたが、笑!)オランダ語を話して、オランダ人のゆったりした感じに触れて嬉しかったです。ミラクルにも今回の熊野では熊野在住のミラクル族よしこちゃんが案内してくれ、ラッキーな思いがけない嬉しいミラクル!

那智勝浦の漁港。南フランスやイタリアの港町を思い起こします。(オランダ人の親子もそう言っていました!)

次の日、午後からゆったりと車で出発。どんなミラクルが待っているかワクワクして向かいます。大木の素晴らしい世界遺産の熊野古道”大門坂”を歩いて登って行きました。

すると、上から見たことがあるような人々が近づいてきます。昨日、出会ったオランダ人親子と偶然の再会!ミラクル!ご縁のある人とは約束していなくても出会うものです、笑!

熊野那智大社。

那智の滝まで歩きました。滝自体が御神体です。

次の日、車で45分くらいかけて、熊野本宮大社へ。

熊野本宮大社がもともとあった場所。大斎原(おおゆのはら)の日本一大きな鳥井。鳥井の真ん中に私が小さく映っています。この圧倒的な大きさは写真では現わせません。

この辺りはパワースポットと言われるだけあって、自然が本当に素晴らしいです!この風景にぴったりのお洋服を着て、川でたたずむよしこちゃん。

車で40分くらいかけて新宮へ向かいました。ランチは川を眺めながら、よしこちゃん手作りの”めはりずし”とさつまいもご飯のおにぎり。手作りは最高の美味しいミラクル!

熊野三山、最後は新宮の熊野速玉大社をお参りしました。

熊野では八咫烏(ヤタガラス)という神武天皇を大和の橿原まで案内した導きの神鳥を見かけます。昨日は黒の八咫烏を那智大社で買ったので、ピンクがあったらいいなあと思っていたら、ピンクの八咫烏を速玉大社で見つけました♡ミラクル!笑!毎日、様々な温泉に入って、暖かい人々と出会い、素晴らしい熊野ミラクルとなりました。ありがとうございました。

特急ワイドビューに乗って、名古屋から東京に戻る予定をハートの声に従って、変更。特急黒潮号に再び乗って、京都へと戻ることに。関西でのさらなるミラクルは続きます!

Sahaja