Blog (日本語)

2020年冬 南インドミラクル!その7 〜完結編 ケララのヨガアシュラムからヨーロッパへ

前回のブログの続きです。ビーチ滞在中ヨガのクラスに参加した翌日、ケララ州トリヴァンドラムにあるシヴァナンダヨガアシュラムへ向かいました。

「とにかく今、行かなければ」との強い直感に従い、急いで来て大正解!何と次の日から外国人どころかインド人も政府のコロナ対策の為、新しく来た人は受け入れ不可となった事が後で判明します。

内なる呼びかけと直感に従ってミラクル!

ピンク色(私のラッキーミラクルカラー、笑!)の建物に宿泊。リラックスガネーシャに癒されます!

ヨガ好きでない(どちらかというと避けている)私が、まさかヨガマットを担いで毎日ヨガをするなんで自分でもビックリ!

コロナでインドは完全なるロックダウン。アシュラムからは一歩も出られません。インド全国がとても厳しい状況の中、守られた美しい南国のアシュラムでヨガと瞑想三昧。世界中の人々と過ごして、有り難い学びの時間となりました。

フルーツサラダ!美味しいミラクル!

アシュラムのご飯。ピンク色のお水はアユルヴェーダのハーブ入り。

インドの少なくとも21日間の完全ロックダウンで、先月買ったデリー東京のフライトはキャンセル!インド全ての飛行機、交通機関がストップして、日本に帰ることが出来なくなりました。

日々、アシュラムは暑くなり、35度を超えまるで日本の猛暑のよう。日本大使館に問い合わせても、その場所に留まって下さいとの返答(日本に帰りたいと相談しているのに!)。先が見えない中どうしようと思っていました。

そんな中、ドイツ政府がインド旅行中のドイツ人救済の為、インド各地から9便フライトを出す事を決定。アシュラム近くのトリヴァンドラム空港からフランクフルトへ緊急救助フライトがあり、EUの最終選考を何とか通過して、前日搭乗リストに加わり(その過程も一つのブログが書ける程のドラマがありました、涙!) ミラクルにも乗せて貰える事になり、思いもよらずヨーロッパに戻ることになりました。

空港内はお店も全てクローズ。

エアインディアのフライトアテンダントさん。新しいユニフォーム、笑!

ドイツのフランクフルト国際空港に到着後、既に夜だったので、空港近くのホテルに泊まろうと思っていました。ところが「外国人はコロナ対策でホテルに泊まれません」と言われ大ショック!全て世界はカオスで予想もしていない展開でした。

偶然、前日に出会ったスウェーデン人の女性と再会。彼女はスカンジナビア航空のフライトアテンダントさんで、仕事柄、空港のホテルに詳しく、ハイアットホテルが外国人も受け入れると判り、救われました!

一流ホテルハイアットのレストランは誰もいなくて静まりかえっています。3か月間のインド後、清潔感溢れる空間と最高の寝心地のベットで旅の疲れが癒されました!

翌日、フランクフルトから電車でアムステルダムへ。

春のチューリップ満開のオランダに無事に戻って来ました。3か月間のインドミラクル時間をハートに抱きながら、しばらくオランダでミラクルを楽しみます!

お読みくださって、ありがとうございます。

次は春のオランダブログで!