Blog (日本語)

2020.11. 再び長野へ!〜縄文と長野の大自然に呼ばれて✨

前回ダンスミラクル蓼科リトリートから3週間後、再び、長野へ。隠岐にいる時にも、「長野!長野!長野!」と内なる声が聞こえ続け、突然の長野行きが流れの中で、決まりました。いつもお世話になっているとっても可愛らしい😊標高1500mの車山高原ペンションサリュの前で。

長野は広いのですが、いつも行くところは不思議と同じになってしまいます、笑!蓼科湖。3週間も経つと、雰囲気はガラッと変わっています。

縄文時代の人々が住んでいた尖石遺跡。一旦は発掘が行われ、たくさんの土器などが発掘されたものの、再び、埋め立ててしまい、原っぱになっています。日本では遺跡は再び、埋めて、原っぱや駐車場になっているとのこと。イタリアに行くと、街中でも発掘跡はきちんと保存されています。意識の違いがはっきりと現れています。

長野の茅野市は縄文の遺跡が沢山ありますが、原っぱになっていたりして、知る人ぞ知る、感じです。縄文時代の場所にいるだけで、エネルギーを感じて、とっても不思議な感覚がします。およそ13000年もの間続いた縄文時代。今の危機に陥っている現代文明への何らかのメッセージがあります!

11月なのにあまりにも暖かい11月の後半。ヴィーナスラインにある北八ヶ岳の坪庭を訪れました。標高2200m以上もあり、温度が一気に下がります。雲の中にいるようです!

この坪庭は八ヶ岳最後の噴火で出来た溶岩台地。何となくハワイのヘイアウ(神聖な場所)を思い出させます。

お友達の紹介で、前から気になっていた、蓼科のメルヘン街道沿いの広大な敷地で無農薬でバラ🌹を育てていらっしゃる。フロンティア蓼科さんを訪れました。バラは女性性にとって必須アイテム。私も世界中でバラ製品をあれこれと試していますが、このローズウォーターは最高に素晴らしいです!素敵なオーナーの女性の方とも出会い、お話しできて、ラッキーなミラクルでした。

車山高原での朝のお散歩。白樺が美しい!

富士山と八ヶ岳、女富士山と言われる女性的な蓼科山もくっきり見えました。

たくさんの素敵な出会いと、長野の奥深さにふれ、やっぱり長野は良いなあと思ったミラクルとなりました。
長野の山から東京の山へ。ミラクルは続きます!

ミラクル🌹を込めて〜

Sahaja✨