2023.03.15 エジプト8!紅海のハルガダ✨その1

エジプト旅の道中、世界中から来ている人々やエジプト人と話していて、良く出てきた地名は”Hurghada!ハルガダまたはホルガダ”。ちょっと前まで何にもない砂漠の小さな漁村だったそうですが、近年、急激な開発が進み、紅海の美しい海と暖かい気候を求めて、世界中からの観光客で賑わい、それに伴いエジプト人もたくさん移住している、ローカルエジプトと世界中からの観光客のビーチバカンスがミックスされた街に発展してきています。

ハルガダからはヨーロッパ各地への直行便が出ていて、便も良いです。元々の南エジプトアスワンからの帰りのチケットを捨て、7週間のエジプト滞在を6週間に変更。アムステルダム直行便のチケットを新たに買って嬉しいミラクル!👍✨あまりにもディープすぎる😆今回のエジプト旅もようやく、終わりが見えてきました、イエーイ👍😊✨

砂漠にできた町!どこもかしこも、砂だらけ、ビュンビュン風で砂埃だらけ!

地元のフルーツ&野菜のマーケット。ボラれることもなく、安心して、新鮮な果物が買えてミラクル!バナナとイチゴ、オレンジ🍊とっても美味しいです。基本的にベジタリアンなので、肉や魚はあまり食べない(誰かが手作りで💖料理してくれた時、例外で、喜んで食べることもありますが。。。)と言うと、それなら、エジプトではとっても安上がりでいいね!と笑われます😊

ハルガダでお世話になったスウェーデン人の女性。エジプト人と結婚されて移住されています。

スウェーデンの手作りお菓子の数々!エジプトで、思いがけずスウェーデン🇸🇪の文化に触れて、嬉しいミラクル!

宿泊したお部屋も、スウェーデン風でとっても素敵でした!今回、泊まった、どのホテルよりも綺麗で、安心して過ごすことができてミラクルです💖✨

不思議な偶然✨が重なって、アムステルダムからの行きのフライトが一緒で(アムステルダムからの出発が遅れ、カイロでの次の乗り継ぎに間に合わず、エジプト初日はカイロ空港近くのホテルで1泊したのですが、そこで出会いました)。その数週間後、中部エジプトのルクソールの空港で、その後、北エジプト、カイロの考古学博物館の混雑の中で、ミラクルシンクロで何度も出会い続けた、オランダ人のエジプト考古学者の方がいるのですが、彼が言っていたので印象的だったのは、エジプトはコロナパンデミックは深刻ではなかったけれど、もっと深刻なのは現在も進行中の糖尿病パンデミック😱!

今回のエジプトで感じたのは、エジプト人はコーラや砂糖漬けの甘すぎるジュース、ポテトチップスなどのジャンクフードをかなりの量(それこそ糖尿病になるくらい)食べているようで、紅茶も白砂糖を大盛りで6杯、7杯たくさん入れるのが当たり前。かなり肥満の女性と子供たち(女性は基本、家に閉じ込められている文化なので)もたくさん、日常茶飯事で毎日、目にしてきました。

古代エジプトの壁画、女神たちのスリムな体型とは裏腹に、現代エジプトは糖尿病のパンデミックとは、ちょっと、びっくりですが、納得いきます。

ハルガダ観光、エジプトコプト派キリスト教の教会。

イスラム教のモスクと違って、女性も髪も隠さず自由に教会を出入りできるのが、とっても楽で嬉しいミラクル!👍✨

ハルガダアリーナと呼ばれる観光客のためのレストランで、港を見ながら、すご〜く甘い🍓ストロベリーミルクシェーキと砂糖なしのフレンチコーヒー(砂糖なしでと言わないと、時には言っても😂!ものすごい砂糖を入れて通常は出てきます!)でホッと一息、とは行かず😂、外のテラスに座ったものの、どこもかしこもタバコだらけ!風向きを見ながら、避難するのが大変です😆笑!

宿の旦那さんが魚を釣ってきました!

スウェーデン風に、バターや香辛料を入れて、アルミホイルで蒸し焼きに。クリームソースと、きゅうりの甘酢漬け、トマトとパプリカのサラダ。エジプト風の味のついたライスで、美味しい夕食をいただきました。久しぶりの魚料理!新鮮ですが、骨がかなり野生的で怖いくらい強かったです😆 エジプトスウェーデン風ディナー!ミラクル✨!

食べ物の写真が続きますが、嬉しい朝食のミラクル!地元の新鮮なフルーツとスウェーデン女性の手作りイチゴジャムと手作りシナモンパンと丸いパン。クリームチーズときゅうりの甘酢漬けの相性が癖になります👍そして、生姜ミルクティー。今日もミラクルな1日の始まり始まり!

ハルガダ💙ミラクルは続きます!

愛とミラクルを込めて〜

Sahaja💖