Blog (日本語)

イスラエル〜 ゴラン高原、ツファット、アッコーへ

ガラリア湖畔の村に宿泊中、朝食の時、たまたまノルウェーの人々と出会いました。彼らはその日、車でゴラン高原を周る予定で、私も仲間に加わることに、ラッキーなミラクル! ゴラン高原は過去に何度も中東戦争が繰り返された場所。シリアとレバノンの国境近く、一体どんな感じなのかしら、ドキドキ。

素晴らしいノルウェーの人々と過ごし、イスラエルにいながら、ノルウェーを肌で感じた1日!ブドウ栽培が盛んで、ワイナリーもたくさんありました。シリア国境、数キロまで車で通りましたが、表面的には平和でお店やレストラン、一見何事もないように見えました。ゴラン高原の平和が続きますように〜

今回の旅で、なんとなく絶対に行こう!と決めていたのが、ゴラン高原の街ツファット。ユダヤ教の聖地でユダヤ教の神秘神学カバラの発祥の地。正統派ユダヤ教の人を多く見かけます。たまたま、ツファットに滞在中、イスラエルは建国70周年を迎え、お祭り騒ぎでした。正統派ユダヤ教の人々、思いっきり踊りまくり、熱い夜を過ごしていました。(その様子を見たい方は、ダンスの時にお見せしますね〜)

着いた瞬間から、どんどんミラクルな人々と出会い、ミラクル続き! 神秘的な大地。アーチストも多く、素敵なアートがたくさんあります。ユダヤ教の女性は髪の毛をカバーします。ハートの暖かい素敵なユダヤ人の女性、すぐに内側に通じ合うものがあって、話が弾みました。

ツファットからイスラエル第3の都市ハイファに泊まりながら、アッコーを訪れました。地中海に面したこの街はなんと今から4000年前からその名が知られていました。

アラブ人の住むアッコー。オスマン朝のモスクがあります。

アラブのスイーツ。バクラワ、ものすごく甘い!

エルサレムに戻り、それから最後はパレスチナへ、未知なるミラクルな旅は続きます〜